エンゲージメント率上昇!費用対効果が高いSNS動画広告を作成するヒント10選

January 06, 2020

動画広告で高いエンゲージメント率を獲得するには、一定の品質を保っていることが重要です。視聴者にインパクトを与える動画を作成することで、認知度もアップします。

今回は、費用対効果を高める動画広告のヒント10選を解説していきます。


今すぐ目標を達成するのはなかなか難しいものです。

動画マーケティングは、様々なパターンを十分に試してこそ成功への扉が開かれます。


1.ブログコンテンツの再利用

image

出典: Dean Drobot on Shutterstock

ゼロからコンテンツを作るのは時間もコストも労力もかかります。そこで、 動画に適した現在のブログコンテンツを利用しましょう。効果が出るか分からないコンテンツにリソースを割くより、今あるベースを再利用する方が実用的かつ効果があります。

高いパフォーマンスを得る方法を選択し、マーケティングをおこなっていくことが大切です。


2.スクリプトは短くする

image

出典:Hannah Olinger on Unsplash

明確で簡潔な言葉を使用し、スクリプト(台本)は短めにすることを心がけましょう。また、一般的に知られていない専門用語の使用も避けてください。動画を視聴した人が内容を理解できるかどうか、最終確認をすることもお忘れなく。

1分間の動画では、通常の半ページ分のスクリプト(台本)、まとめ紹介動画では約200字程度に納めると、情報が整理され伝わりやすくなります。


3.動画配信に適したプラットフォームの選択

現在はSNSの種類も豊富になり、どこに動画を投稿すべきか悩むマーケターも多いでしょう。まずはプラットフォーム毎のユーザー層を把握することから始めてください。

一例ですが、Facebook・Instagramはキャリアアップを狙う専門家(個人事業主含む)が数多く見られます。

SNSの特性・ユーザーに対し、コンテンツトピックを合わせることでリーチ数を稼ぐことができます


4.動画形式の種類を把握する

SNSにより投稿できる動画形式は様々。

動画を撮影・編集する前に、投稿に適したフォーマットをあらかじめ設定しておきましょう。動画出力時のエネルギーを浪費することを防ぎます。


5.ブランド独自のビジュアルを決定する

image

出典:PureSolution on Shutterstock

動画マーケティングの広告において、企業のスタッフを集めてブランディングの計画を話し合うのは大切です。

十分な予算と時間がある場合は、専門のデザイナーに外注しても良いでしょう。動画のデザイン案は、後の使用に備えてテンプレートとして保存します。


6.モーショングラフィックスの作成方法を学ぶ

マーケティング動画の作成では特に高度な編集技術は不要ですが、知っているに越したことはありません。

ビデオ編集ソフトのパイオニア、Adobe Premiere Proなどを使用すれば、ストーリーボードの編集・構築も簡単です。

動画制作にコストをかけられない場合は、動画テンプレートを使うのが良いでしょう。

HeyVideoのような、何千もの映像を使用できる動画編集アプリもおすすめです。


7. 音楽を選ぶ

image

出典: Mark Cruz on Unsplash

多くのユーザーは、BGM付きの動画を見ることを好みます。Premium BeatとThe License Lab(海外サイト)は、低価格で高品質な音楽を見つけることができます。極力コストを抑えたい場合は、ロイヤリティフリーの音楽サイトがおすすめです。

音源をダウンロードする前に、プレビュー・テストを必ずおこなってください。

また、Facebookのサウンドコレクションから無料で音楽をダウンロードすることも可能です。

音楽ジャンルはインストゥルメンタルがおすすめです。特に、アコースティックやテクノ、エレクトロニック、ミニマルミュージックは視聴に影響が出づらいため、動画マーケティングに適しています。


8.動画は短くシンプルにまとめる

SNSの動画広告はできるだけシンプルな内容でまとめるようにしてください。

伝えるべきメッセージをシンプルかつ明確にすることで、視聴者がスムーズに動画広告の内容を理解できます。


9.ターゲットオーディエンスを把握する

ターゲットオーディエンスを把握することによって、各動画広告に適した視聴者を関連付けることができます。例えば、スポーツカーが好きな男の子に対してメイクアップのチュートリアルを宣伝しても効果につながるとは考えにくいです。

視聴者の人口統計と行動は、マーケティング戦略において重要な役割を果たし、目標のエンゲージメント率の達成にもつながるでしょう。


10.動画パフォーマンスを測定する

動画パフォーマンスの追跡・測定は、改善点を見つけて目標の結果に近づけるための作業です。これは過去の失敗を繰り返さないために重要です。成功する動画広告のモデルとなるような優れた動画を作成する必要があります。

作成した広告のパフォーマンスを日々監視し、定期的に視聴者のデータを比較しましょう。どんなトピックが視聴者の興味を引くのかや、ターゲット層のコンバージョン率を把握することで、次に作成すべき動画の指針が見つかるはずです。



限られたリソースの中で、いかに高品質な動画コンテンツを作成できるかが、SNSマーケティングの課題であり腕の見せ所です。

本記事で紹介したヒントは費用対効果が高いものばかりです。上手く利用することでエンゲージメント率もアップし、大きな効果を期待できるでしょう。