2020年最新!広告宣伝費をかけない動画マーケティング戦略10選

December 23, 2019

動画広告はデジタルマーケティング時代の大半を占める手法です。広告市場にも多くの関係者がおり、競争が激化。アイデアの枯渇・流行遅れが企業の懸念点となっています。あなたが広告宣伝費をかけずに立場の現状維持を図るなら、このブログをご覧ください。


ライブストリーミング

ライブストリーミング配信は、潜在的な購入者が製品やサービスを時間通りに視聴できる独自のマーケティング方法です。ライブストリーム中はリアルタイムでユーザーのコメントを表示。消費者と売り手の対話が可能となります。


DIYチュ​​ートリアル動画

ユーザーにサービスを通じて得られるメリットを紹介する動画はありふれています。

そこで、製品を使ったメイキング動画やDIY作業動画を作成してはいかがでしょうか。人々が最新の「クリエイティブ」「便利」「驚き」を探しているこの時代に、あなたの製品の重要性を体験させられる、優れた宣伝方法となるはずです。

DIYチュートリアルは、動画の中で自然な形でビジネスを紹介することもできます。このタイプのメイキング動画は、正しいターゲティングと正確なSNSプラットフォームに投稿されると、多くの価値を生み出します。


ストップモーション

製品ありきの企業にとって、ストップモーションは利用可能な動画マーケティング戦略かもしれません。

ユーモアがあるストップモーションは、短くても視聴者の目を引くことができます。また、アプリを活用して広告費をかけずに制作することも可能です。


動画ブログ

image

出典:LightField Studios on Shutterstock

動画ブログは、SNSのインフルエンサーによる個人的なコミュニケーションに使用されます。インフルエンサーは、SNSマーケティングの効果的なメディアです。この動画でフックとなるのは、インフルエンサー自身の知名度、投稿内容、投稿方法です。適切なインフルエンサーを選び、台本も企業側が用意したうえで魅力的に宣伝してもらいましょう。広告宣伝費はややかかってしまいますが効果も高いといわれています。


ハウツー動画

ハウツー動画は、知りたいことをすぐに検索できるスマホが普及したことにより、需要が拡大しているジャンルです。

潜在顧客が商品・サービスを入手する想定で視聴するため、シンプルな形式が好まれます。ハウツー動画は視聴者の記憶、学習、理解を促し、かつ検索エンジンやSNSを通じてユーザーに届きやすい点が特徴です。


季節の動画

季節感がある動画広告は、最新状態であることを視聴者にアピールできます。プラスα、企業が季節限定のキャンペーンを組み込むと、ブランドの年間パフォーマンスにも動きが現れるはずです。消費者が商品・サービスを購入しやすい特定の日に合わせた広告であれば、さらに売り上げを増やすことができます。


レビュー動画

買い手は、商品の購入やサービスを取引する前に、必ず口コミやレビューを確認します。レビューは飲食や電化製品の購入に使われる他、転職者向けサイトの企業レビューもWeb上に散見します。

その延長線上に、消費者や、ビジネスに関わりのある第三者のレビュー動画があるのです。

人気Youtuberが紹介した商品が売れる現象も、このマーケティングアプローチの成功例です。

顧客から潜在顧客へと誘導されるため大きな効果を生み出します。

インフルエンサーマーケティングとの違いは、発信者と企業の間に契約はなく、あくまで自発的におこなわれていることです。


AR(拡張現実)動画

image

出典:Montri Nipitvittaya on Shutterstock

最近一般的な言葉となりつつあるAR(拡張現実)技術。正式にはAugmented Realityといい、現実にある物と現実にない物を、画面上で重ねて表示させる技術を指します。

例えば、世界で人気を博しているポケモンGOでもAR技術が大きく貢献しています。カメラで映した現実世界に架空のキャラクターが出現し、あたかも同じ空間に存在しているように見せることができます。

これまでWeb上の情報を頼りに購入していた商品やサービスが、実際に仮体験できるのです。この広告アイデアは高度なレベルですが、顧客のニーズと満足度は向上すると考えられます。

実際に大手家具メーカーイケアのアプリや、様々な企業のプロモーションでAR技術を取り入れた動画広告を配信しています。


製品としての小道具

製品を小道具として使用して、楽しく魅力的なストーリーを作成します。上手く作ろうとする必要はありません。ユーモラスな動画を試作するつもりでトライしてみましょう。


10 感謝を伝えるムービー

製品の発売が成功したならば、顧客に向けて注力してみましょう。あなたのフォロワーと視聴者に感謝を表す動画を作成します。ブログや宣伝にコメントをしたユーザーや、動画広告を見てSNSをフォローしたユーザーへの感謝を忘れてはいけません。誠実さが伝わる行動は、関わった全ての人に印象を残します。


ARを使用した広告やSNSのインフルエンサーを活用するマーケティングなど、動画広告は日々変化しています。動画広告マーケティングのアイデアを実行し、一足先に2020年のトレンドを取り入れましょう。