SNSの効果改善!動画広告を成功させるカギは『マーケティング戦略』:後編

December 19, 2019

【1〜5のポイントへ】

6.潜在的なオーディエンスを集める

image

出典:Jirsak on Shutterstock

今日の企業・ブランドは、動画広告を使って視聴者に興味を持ってもらうための新たなリード(見込み客)を獲得しようとしています。

リードの獲得にはSNSを使用しましょう。動画広告は有料広告と口コミ(シェア/いいね/コメント)を通じて、SNSのニュースフィードやタイムライン全体に拡散されやすくなります。当然、そのようなリードはターゲット市場として分類してください。


7.競合他社からの流入顧客

リード(見込み客)は、競合他社の顧客を自社に流入させることも可能にします。カスタムアフィニティは、カスタマイズされた情報を元に視聴者を増やすことができるオプションです。

たとえば競合他社と同じキーワードを使用して最適化することで、競合会社が検索された際、自社ブランドを同じステージに表示させることができます。カスタムアフィニティを使用すると、競合他社のブランドに関心を示したユーザーに動画広告を配信できるのです。


8.トラフィックを考慮する

SNS動画が大きく成長している=デジタルプラットフォームで動画や製品を宣伝する企業の増加は避けられません。動画マーケティングは、マーケティング戦略全体に大きく影響するためです。有料オプションでも通常投稿でも、他の競合ブランドは様々なツールを使用してリーチをかけようとしています。当然、コンバージョンアップには動画広告の質がもっとも重要な要素です。

リーチが拡大すると動画が拡散され、タイムライン、おすすめコンテンツ、関連チャンネルに掲載されるようになります。


9.投稿のエンゲージメントを最適化・強化する

リーチの目標、顧客との親和性、SNS広告とご紹介しました。これらの戦略の目的は、より良い広告エンゲージメントを獲得できるようにすることです。

SNS広告や有料広告は、イメージアップを図るためにしばしば利用されます。予算に余裕があり、リーチの増加を狙いたい場合は、有料コンテンツを活用することも検討してみてください。


10.パフォーマンスを正確に追跡する

SNS運用はリリース後にパフォーマンスを追跡することが重要です。Facebook、Google、InstagramなどのSNSプラットフォームは、ビジネスマネージャでレポートを確認することができます。(レポートの作成方法:FacebookGoogle

これにより、さまざまな広告レポートを収集して検証し、次に行うべき分析の手段が見つかるはずです。