動画広告作成前に知りたい!SNSで宣伝して集客効果を上げる動画編集のやり方・作成のヒント5つ

November 29, 2019

 image 

出典: Robert Kneschke on Shutterstock

SNSでの動画宣伝効果が上昇傾向にある昨今、動画広告はブランドや企業にとって当然ともいえるツールです。競合他社が多い中でもあなたのビジネスをアピールできる動画編集のやり方を本記事では解説します。動画広告のメリットも含めた5つのヒントをご覧ください。


動画広告というのは、適切なユーザーに対し、適切なタイミングで提供することが基本です。そしてアップした後は「いいね」や「シェア」で広まっていくことが理想ですが、タイミングやターゲットを設定するだけでは、ブランドを後押しすることはあまり期待できないのが事実です。

そこで知っておくべき点が、これからご説明する5つのポイント。視聴者の注目を集め、視聴者を魅了し続ける動画広告を作成するための戦略のヒントにしてください。


■動画広告を成功に導くための5つのヒント 

▶︎特定のセグメントに照準を合わせる

特定の製品に対して特定のターゲットを設定し、セグメントを絞って動画広告を配信することが大切です。「多くの人に知ってもらいたい」と範囲を広げすぎると狙いが定まらず、かえって訴求力が下がります。しかし、ここまではどこの企業でもすでに取り入れているはず。

対象となるターゲットグループを決定したら、そこからさらに一歩進んで、ターゲットの行動もチェックしてください。対象ユーザーがいつオンラインになるかや、彼らがフォローしているブランド(競合)、またブランドが投稿している内容や動画広告のタイミング、シェアされやすい投稿の種類を調べることで、動画の編集アイデアやSNS運用のヒントが見つかるはずです。

 

▶︎そのビジュアルは正しいですか?

ユーザーの注目を多く集める動画広告にするためには視覚的な印象、つまりビジュアルに魅力がなくてはなりません。かといってプロのグラフィックデザイナーを用意するのはコストも時間もかかります。

そこで味方になってくれるのが、動画編集アプリ。特にVideoboostやHeyvideoは企業のマーケティング向けのSNS動画を編集・作成できます。メリットはそれだけじゃなく、やり方も簡単。動画素材やテンプレートを使用してプロクオリティーの動画広告が作成できます。

またアプリによってユニークなスタンプやフォント、おしゃれなフィルター、カラーパレット、BGMなどが内蔵されており、自由に組み合わせることでオリジナルかつユーザーの心をつかむ動画広告に。「センスがないから心配」「費用を最小限に抑えたい」「今すぐSNSにアップして反応を見たい」という企業にとって多くのメリットがあるのです。

 

▶︎視聴者の感情を揺さぶる 

そもそも「良い動画広告」とは何でしょうか。クオリティー?センス?

動画広告を成功させるヒントは、あなたの「心」にあるかもしれません。

人間には「楽しい」「面白い」「悲しい」「好き」「悔しい」「怖い」など様々な感情があり、それらが行動へとつながっています。まずは自分が一人の消費者の立場になってみてください。そして、あなたが共感した広告をヒントに、自分のビジネスに当てはめて考えてみてください。その動画広告で視聴者の感情を生み出すことができれば、宣伝効果は大きくアップするでしょう。 

事実、感情を動かす動画広告は、商品やサービスなどの購入意向を高めるブランドリフトに対して大きな成果を上げています。

動画アドテクノロジーのアンルーリー社の調査によると、感情変化を起こす動画広告はシェアされやすいだけでなく、そうでない広告よりも23%も売上高が上がることが分かっているのですから。


image

出典: GaudiLab on Shutterstock 

▶︎広告科学に目を向ける

人々がどのような広告を見て楽しんでいるかを調査することも集客アップに欠かせないやり方。「シェア」や「いいね」の数だけでなく、フォロワー数の多いブランドやトレンドを調べることも、動画広告のコンテンツやストーリーの作成に役立ちます。

 

▶︎視聴者が主役であること

あくまでも主役となるのは視聴者です。動画広告で紹介するサービスや商品がどのように優れているかはもちろん、そのサービスや商品を使ってターゲットが「どんな体験ができるのか」「どんなメリットがあるのか」を知ってもらいましょう。

「まるで自分のためのサービスだ」と思わせたら勝ちなのです。

 

 image

出典: panuwat phimpha on Shutterstock

動画広告で成功するための完璧なマニュアルというものは存在しません。しかし、動画の編集知識がなくても一つ一つの課題をクリアにしていくことで、SNSの宣伝効果に大きな変化をもたらしてくれるはずです。