ブランドのビジネスを支える《デジタルマーケティング》5つのメリット

December 13, 2019

image  

出典: garagestock on Shutterstock

テクノロジーは私たち日常生活の主要な情報源です。ネットでクリック(タップ)するだけで、世界中の人たちとつながることができるのは、驚くべきことです。この進化により、企業はビジネスの成長を目的に、テクノロジーを使ったマーケティングを取り入れました。その結果、マーケティング業界はあらゆる企業で急成長しています。

時が経つにつれ、デジタルマーケティングを成功させるためのメディアも進化しています。ポスターやチラシから、動画の時代になったのです。このメディアは多くのビジネスを黒字にし、全企業のマーケティング戦略の焦点になりつつあります。


1.視聴者への架け橋

相手と仲良くなるためには、まず自己紹介をするのが当然です。同様に、ブランドの目的とメリットを紹介しない限り、顧客に商品を購入してもらうことはできません。これは動画マーケティングが効果を発揮する役割です。動画コンテンツはブランドを紹介するツールとして役立ちます。

企業側の意図やビジョンを表現し、視聴者に影響を与えられるもっとも基本的な使い方です。


2.消費者の注意を簡単につかむ

動画広告を絶対に成功させる方程式はありませんが、ちょっとした工夫次第で視聴者を獲得できる可能性は大いにあります。

閲覧中の動画広告が魅力的であると、人はそのブランドを認識してくれます。技術により、実際に店舗で製品を探すのではなく、動画広告を通じて製品の詳細を知ることができるようになりました。


3.動画マーケティングで楽しめるコンテンツに

image

出典:Antonio Guillem on Shutterstock

動画広告のメリットは、常に忙しい消費者に対しても有効にはたらきます。Webの閲覧中に動画広告で注目を集められるほか、魅力的に感じる商品が宣伝されていた場合は、そのままブランドを紹介することができるのです。前述した通り、外出しなくても動画広告を介して商品の詳細を知ることができます。

最近では、サービスの説明にアニメーションが使われることも多いです。また、消費者は高品質のサービス・ブランドを持つ企業を好む傾向があります。これから動画を作成する場合、かわいくて面白いエンタメ性を感じさせるアニメーションもおすすめです。


4.検索エンジンの利点

クオリティーが高い動画を作るには、視聴者が実際に興味を持っているもの研究し、理解することから始まります。検索エンジンは通常、消費者にとって重要なコンテンツを表示します。一方動画にとっても、表示されることは視聴者を獲得するのに役立ちます。

広告は動画コンテンツに適したテキストとコピーをセットで使用すると、検索ボックスに表示される可能性が高くなり、視聴者に商品・サービスを認知してもらいやすくなるのです。


5.コンバージョンと販売の増加

Webサイトにサービスや製品の動画をアップすると、コンバージョン率が上がる場合があります。これは会社の収入を増やす可能性が上がるということです。一部のユーザーは、動画を見た後に興味を持った製品を購入する傾向があります。

あなたのサービスを徹底的に紹介する動画を作成することは、会社が莫大な収入を得るために役立つ可能性を秘めているのです。


これらの利点は、勤勉さと忍耐があってこそ実現できます。ビジネス分野での成功は、ジェットコースターに乗るようにアップダウンがあります。不調や困難に直面することもありますが、自分自身を信頼している限り、結果はついてくるでしょう。