簡単・今すぐ実践可能な5つの動画マーケティングアイデアを分かりやすく解説

December 14, 2019

image

出典: Monkey Business Images on Shutterstock

Web広告の競争が激化するにつれて、ブランドを認知させる方法は難易度が上がっています。すでに大きな市場に飛び込むことは、効果とコストの面で不安もあるはずです。

そんな状況だからこそ、このブログでマーケティング戦略のアイデアを見つけてみませんか?


デジタル時代において、動画の概念化、作成および普及は、長期間にわたってマーケティングROI(投資利益率)に大きく影響します。動画広告の力がビジネスの成功を左右するのです。

✔︎ コンバージョンが上がらない

✔︎ 会社から広告費を抑えるよう言われている

✔︎ SNS運用はすでに着手済み

そんなマーケターは、下記のアイデアから次に作るべき動画広告のヒントが得られるかもしれません。


製品デモ

消費者であるあなたは、おそらく一度は製品やサービスのデモンストレーションしている動画を見たことがあるはずです。まずはこの動画を参考にしてみましょう。

このタイプは、製品の使い方、機能、スペック、顧客が抱える課題のソリューションを展開し、視聴者に製品の必要性を宣伝します。

製品デモは、分かりやすさと説得力があり、記憶に残ります。


『お客様の声』によるレビュー

image

出典: Stokkete on Shutterstock

動画でサービスや機能について解説するのは簡単です。さらに説得力を加えるなら、購入者に語ってもらうのが効果的。お客様の声は、消費者にブランドに対する信頼と安心を与え、共感を生み出します。このアプローチのポイントは売り手ではなく、成功した買い手と潜在顧客とを結びつける点です。

例えば商品を購入するとき、レビューや評価を見て判断することはありませんか?

それと同じで、ほとんどの消費者は他の購入者の声を参考に購入を検討するのです。家族であれ、友人であれ、見知らぬ人であれ、視聴者は共感したときに商品を購入する可能性が高くなります。


開封動画(アンボックス動画)

開封動画は人の興味を引きつける傾向があります。子供の頃、クリスマスや自分の誕生日にプレゼントを開けるのが楽しみだった方は少なくありません。

同じように、製品のパッケージは視聴者の期待を高めます。そして、製品が箱から出される瞬間に、喜びを一緒に体験するのです。

開封動画は、視聴者に期待と喜びを届けます。


パロディ動画

パロディと聞いて不真面目な印象を持つのは、少しだけ待ってください。これはどの企業でもやるべきというものではありませんが、視聴者を楽しませるためには役立つかもしれません。

ネットユーザーが動画を見る理由の大半は、自分自身が楽しむためです。そして現に面白い・楽しめる動画は人気チャンネルとして拡散されています。

それと同様に、デジタルマーケティングは「ユーモア」があると他社より目立つことができます。

一つだけ注意点を挙げるならば、ユーモアは上品で好感が持てる内容であること。ブラックジョークは視聴者のテンションを下げ、しまいにはブランドにマイナスイメージを持つ懸念もあります。

パロディやユーモアは、ビジネスコンセプトや製品の特徴を鑑みて活用してください。


これまでにご紹介したマーケティング戦略は、4つ目を除いて技術的な側面に焦点を当てていました。最後は、あなたにとっても身近なアイデアをご紹介します。

物語のある広告

image

出典:Paul Biryukov on Shutterstock

短編映画やショートムービーのような物語のある動画が、感情をかき立てることはよくある体験です。

その動画を見たあなたは、例えば日清カップヌードルのCMであったり、コカコーラやポカリスエットのCMであったり、「広告」であることに驚くはずです。

何年にもわたって、物語性のある広告が人の感情と密接に関係していることが証明されています。

広告はキャラクターと連続したストーリーをわずか数分使用することで、観客を別の世界へと誘導します。そして時間が経っても思い出せるほど強烈な印象を残すでしょう。

このストーリーは正しい手順を踏み、綿密な計画の元で作成することが成功を左右します。


本記事で紹介したデジタル動画マーケティングのアイデアは、特別新しいものではありません。会社の目標を達成するためのガイドとして役立つ基本です。

あとはブログを参考に、あなたのブランドに最適なものを選んでください。