スマホユーザー向けSNS動画広告を成功させるヒント5つ

December 09, 2019

image

出典:weedezign on Shutterstock

今日のマーケティングおよび広告業界では、動画コンテンツが人気メディアのトップです。事実、顧客の64%は、動画視聴後に製品やサービスの利用率が上がるという結果が出ています。では、どのような動画広告であれば成功するのか。今後の動画コンテンツ制作に役立つヒントを紹介します。


ブランドは、動画コンテンツマーケティングにより、アイデンティティや価値、目標の表示を多くできるようになりました。大企業・中小企業は、動画広告で確実にエンゲージメントを増やしています。そして、魅力的なコンテンツを通してより広いユーザーと関係性を確立させているのです。

そんな時流に比例して、ブランド間の競争率は上がっています。だからこそ広告を成功させるには、ユーザーの興味を引き、シェアしやすいものでなくてはなりません。さらに忘れてはならないのは、ユーザーが見てくれるSNSプラットフォームを見つける必要があります。

YouTubeによると、スマホでの動画視聴率は毎年2倍の伸び率を記録しているといいます。その理由は、スマホはデスクトップ型パソコンやテレビ、タブレットに比べ持ち運びがしやすいため。スマホの普及により、動画がマーケティング戦略の中心となったのです。


1.価値のあるものを提供する

image

出典:Costello77 on Shutterstock

動画広告で達成すべきビジョンは明確である必要があります。ただし、ビジネスや製品、サービスの宣伝だけに焦点を当てるのではありません。

ターゲットが「いいね」や「シェア」をするのはなぜか、一度立ち止まって考えてみてください。

リアルなドラマ性を感じたから?ストーリーに共感したから?それとも、ブランド名に込められた意味に興味を持ったのかもしれません。

ユーザーが『見たい』と感じる広告を理解しましょう。もしあなたが「広告らしくない広告」を届けることができたら、ユーザーの印象に残っているはずです。


2.ブランドの一貫性を維持する

image

出典:Rei Imagine on Shutterstock

一貫性があるものは、記憶に残りやすくブランディングを明確にします。

動画の冒頭からユーザーへのアピールは始まっています。ロゴ、フォント、カラーなどのイメージを左右する全体的なトーンは、優先順位をつけて一貫性を持たせてください。またメッセージは、ブランドの個性、戦略、価値で不可欠な情報のみ伝えます。

これらはブランドの概念を視覚的に植え付けるためのやり方です。


3.動画は「耳」より「目」で観る

image

出典:Maquette.pro on Shutterstock

統計によると、動画視聴者の85%近くがサイレントモードで閲覧しています。

編集はテキストやキャプション、キャッチーな色の組み合わせ次第で、短くも魅力的な動画を作成できます。


4.データサイズを最適化する

image

出典:NicoElNino on Shutterstock

動画の読み込み速度を一定に保つことが大切です。動画の長さとクオリティに注意し、スマホ用に最適化してください。

動画広告は長くても15秒未満が望ましいです。編集が難しい場合は動画の最適化ツールを使用し、データサイズを軽くすることも可能です。


5.行動を促すフレーズ(CTA)を含める

image

出典:Artur Szczybyloon Shutterstock

行動を促すフレーズ(一般にCTAと呼ばれる)は、ユーザーに起こしてほしいアクションを示す方法です。ハッシュタグやURL、またはリンクボタンで表示します。

人気YouTuberの動画を思い出してみてください。動画の最後に「チャンネル登録もお願いします!」と表示されるメッセージがあります。それがCTAです。CTAはユーザーを動かすために、必ず挿入してください。優れたCTAがなければ、優れた動画広告でも失敗する可能性があります。

CTAの配置場所も考えるべきポイント。動画の開始前(プレロールCTA)、中央(ミッドロールCTA)、または動画の最後(ポストロールCTA)で印象が変わります。

通常は最後に配置されますが、成功したマーケティング担当者は、適切であればミッドロールCTAがより多くのコンバージョンを促進することを証明しています。


SNS動画が「いいね」と「シェア」で拡散されるための、5つのヒントを解説しました。消費者は、クイックに見れる品質の高いものを求めています。スマホユーザーに最適化した動画広告が、あなたのビジネスを後押しするかもしれません。