マーケティングに活用できる!Facebookの動画広告戦略7つのヒント

December 10, 2019

image

出典:Will Francis on Unsplash

Facebookは世界中の多くのマーケターにとって、注目のSNSです。元々は静止画を投稿するSNSだったFacebookも、今では動画も注目を集めています。今回は、Facebookの動画広告で高い効果を得るヒント7つを詳しく解説。Facebookで動画広告を活用して、エンゲージメント・トラフィックを増やすことを考えているマーケターはぜひ参考にしてください。

 

動画を使用した広告は今やデジタルマーケティングに欠かせないツールの一つ。Facebookの動画広告は、年々驚異的な成長を遂げています。Facebookでは現在1日あたり80億回も動画広告が再生されているのです。

Facebookで広告を出す際に大切な点は2つ。効率よくユーザーからの注目を集めること、動画広告戦略をうまく活用することです。具体的な集客方法をご説明します。

 

1.目標を明確にする

動画広告を始める前に、「何を目的にしているのか」を考えてプロセスを組みましょう。

✔︎ ブランド認知度を向上させる

動画の再生回数やリーチを追跡。コンバージョンが高いターゲット層を分析し、拡散されやすい宣伝をおこなう。Facebookではユーザーが動画広告を3秒以上再生した際に、「視聴した」とカウントされる仕組みです。

✔︎ ユーザーの行動を促す

思わずクリックしたくなるフレーズでWebサイトに誘導。投稿する動画広告には行動を促すCTAボタン・リンクを必ず設定しましょう。

 

2.ターゲットを決める

ターゲットを明確にしましょう。Facebook動画広告では、ユーザーごとに適した動画広告を配信するために、10,000人以上のオーディエンスを定めることを推奨しています。Facebook利用者がプロフィール上で公開している情報・プラットフォームでの行動などからターゲティングが可能です。ユーザーと動画との関連性が強ければ強いほど、最後まで視聴する確立が上がります。

 

3.モバイル化する

Facebookユーザーの65%がスマホで動画を視聴しています。動画の形式、長さ、データ容量はスマホ用に最適化してください。


4.自動再生に頼り過ぎない

自動再生されなくてもユーザー自身が何度も再生したくなる、見たくなる動画を作りましょう。サウンドはミュートにしてみてください。なぜならFacebook動画広告の85%はサイレントモードで視聴されます。簡潔で分かりやすいテキストと明確なCTAを使用し、伝えたいメッセージを動画に盛り込んで投稿します。


5.最大のリーチを得るターゲティングをおこなう

目標は動画の「視聴回数」で設定し、Facebookの動画広告を最後まで視聴する可能性が高いユーザーを探しましょう。該当するユーザーでリターゲティング設定をおこない、より高いエンゲージメント率を生み出すことが可能です。


6.ユーザーの再エンゲージメント

動画広告は多くのユーザーを獲得するために最適な方法です。より多くのユーザーを獲得し、動画広告マーケティングを成功させるにはカスタムオーディエンスを作り、リターゲティングをおこなってください。

・動画の3秒以上・10秒以上を視聴したユーザー

・動画広告の25%、50%、75%、95%を視聴したユーザー

動画を最後まで視聴したユーザーはコアターゲットを表します。これらの視聴者の中で、最も適していると思われるユーザーをリターゲティング。ターゲットに適切な動画広告を提供することでエンゲージメント率アップを図ります。

 

7.調整・最適化をする

上記すべての手順が完了したら、実際に何が効果的かを考えましょう。様々な動画バリエーション、動画広告のクリエイティブな要素(異なる動画のバリエーションと、テキストオーバーレイも含む)は必ずテストをしてください。

ユーザーは場所、人口統計、興味、行動の詳細で分類し、ターゲットを絞り込みます。あなたのブランドをよく知る人と、まだ認知していない人とでは、異なるメッセージを用意しておく必要があるためです。

また、以下のことも覚えておくと動画広告作成・投稿がスムーズに進みます。

・高品質の動画を提供する

・1~2週間ごとに動画広告の内容を更新して飽きさせない

・自動再生機能を活用するには、動画の最初の数秒間でブランド概念・メインメッセージを伝える。その際はミュートユーザー対策に、テキストオーバーレイを使用する

・明確なCTAを使用する

最近ではメッセンジャー広告も人気。メッセンジャー広告は、Facebookが提供するメッセンジャーアプリのホームに表示されるものを指します。コーヒーショップ、雑貨などの広告におすすめです。


企業・サービスを効率よくアピールできるFacebook動画広告。今後のビジネスマーケティングはSNSが主流である点も頷けます。世界に向けてPRできるツールを最大限生かし、マーケターの新たな可能性を開いてください。