効果的な動画広告に役立つ7つのヒント

December 12, 2019

image

出典:Lexamer on Shutterstock

優れた動画広告は、ブランドを知ってもらいたい場合や、潜在顧客を集めたい場合に強力な効果を生み出します。強力な動画広告を作成して視聴者を満足させ、ブランドのトラフィックとコンバージョンを高めるヒントをご紹介します。

統計によると、マーケティングの専門家の51%が、あらゆるコンテンツの中で動画が最高の投資収益率(ROI)を保持しているといいます。自社のマーケティング戦略に動画広告を取り入れない手はありません。


効果的で思い出に残る動画広告を作成するには、多くの要素を考慮する必要があります。

ユーザーがFacebookで広告をスクロールするだけでは競合他社に埋もれてしまいます。かといって、動画広告は非常に競争率が高いため、片手間で作ったり、安易な構成で作成したりするのは得策ではありません。

可能な限り最高の状態で、視聴者の目と心に確実にメッセージを届けましょう。


1.トンマナを選択

動画広告のコンセプトと達成したい効果に合わせて、一般的に使用されるトーンのいずれかを選択します。

ただし、効果は広告全体の形成方法によって異なります。

✔︎ ドラマチックなトーン

ブランドの価値を視聴者に響かせたい場合、ドラマチックなトーンがおすすめです。

✔︎ ユーモラスなトーン

ユーモアを感じるトーンは、消費者に対してブランドとの親和性を感じさせます。

✔︎ インフォメーショナルなトーン

消費者に効果的かつ優しく気づかせることができ、製品やサービスの利用を促進します。


2.できる限りシンプルに

長い動画は視聴者を疲れさせ、簡単に注意をそらす可能性があります。 動画広告の長さは15秒以下であることが望ましいです。15秒に収まらない場合は、極力30秒以内がベストです。動画の最初の3秒間にブランドを伝え、最初の10秒間にもっともアピールすべきハイライトを挿入します。

広告に魅力を詰め込みすぎるのはNG。多すぎる情報は視聴者を混乱させる原因になります。


3.明確にする

マーケティングの中には、それらしい凝った言葉の方がアピールにつながると考えている方もいます。しかし、ユーザーは専門家ではありません。専門用語や、一部の人にだけ分かる言葉ではなく、身近で具体的な用語を使用した方がベターです。

たとえば、「シナジー」と「チームワーク」という類似した単語を比較してみてください。一般のユーザーが知っている・理解できる「チームワーク」の方が、共感性が高まります。(ターゲットが一般ではない場合、この限りではありません)


4.パーソナライズと人間らしさ

作成する広告は、ブランドの製品やサービスの宣伝と感じられないようなものが好ましいです。

親しみやすさとリアリティは、人々の印象に残りやすいといわれています。たとえば、テレフォンショッピングでもよく見る手法に「お客様の声」があります。実際に満足している人の意見はリアリティがありますし、共感を生みます。また、舞台裏を公開したり、企業が顧客と従業員を大切にしていることをアピールする方法もメジャーです。

ちょっとした人間性は、ブランドとその消費者の間につながりを築きます。


5.視聴者に興味を持たせる

当然ながら、退屈な動画は離脱の原因となります。

飽きさせないためには、グラフィックやテキストを挿入して視聴者の興味を引いてみましょう。また、視聴者が特に知りたいと思っている製品デモやイベントのプレビュー、お客様の声なども有効です。


6.ジョーク

image

出典:nito on Shutterstock

人々はユーモアが大好きです。動画広告の中にセンスの良いジョークがあると、視聴者は好意的に捉えます。

適切に配置された「オチ」やウィットに富んだコンセプトがある広告は、消費者に口コミで広まり話題性を呼びます。

面白い広告は思い出されやすいため、ジョークとユーモアは忘れないでください。ただしやりすぎは禁物です。ブラックユーモアや笑えないジョークは、消費者が離れていくきっかけを作ります。


7.製品価値は広告に見合っているか

広告がどれほど魅力的であっても、製品自体が消費者にとって価値がなければ意味がありません。売上は広告を通じて提供する製品やサービスに常に依存します。広告のコツを知る前に、製品が高品質であることを確認してください。そうでなければ誇張表現となり、視聴者を騙すことになります。


記事で解説したヒントは、活用次第でブランドの魅力を引き上げるものになるでしょう。そして動画広告はさらに扱いやすいコンテンツとなるはずです。