競合他社と一線を画す、クオリティの高い動画広告の作り方ポイント7つ

December 05, 2019

image

出典: ra2studio on Shutterstock

動画広告は視聴者に見てもらってこそ価値があります。企業の動画広告で成果を実感するためには、まず視聴者を増やすこと。本記事では、視聴者を多く獲得し、再生回数をアップさせるポイントを解説していますので、ぜひ参考にしてください。


動画広告マーケティングをおこなうときには、まずは動画の品質を高めて視聴率を高める方法を知っておくことが重要なポイントです。他の競合他社に負けない動画広告を作成するには、動画制作スキルを磨く必要があります。

動画広告のストーリー、視聴者を惹きつけるための方法などを考慮し、どうすればコンバージョン率が上がるのか?を考えて作成しましょう。動画公開前の段階で内容が雑になっていないか、動画のクオリティが低くないかなどを確認して、しっかりと準備するようにしてください。 


競合他社に負けない動画を作る7つのポイント

1.オリジナリティがあるか。

多くのユーザーを惹きつける動画広告というのは、オリジナリティにあふれています。つまり創造性が大事になってきます。ただ単に競合他社の作品をマネるだけでなく、事前にどんな広告が人を魅了するのか、どんな動画広告が成功するのか?の事前調査をおこないます。自社のブランディングと近しいもので成功している競合他社の動画広告を見つけて視聴し、参考にしてみましょう。

 

2.プランを立てる

プランニングは、すべての動画広告制作において必要不可欠な部分。スクリプトの作成、絵コンテ、ショットアングルを計画し、これから作る動画広告を具体的にイメージしてください。それぞれのフェーズごとにリストアップしておくとスムーズです。

 

3.撮影セット(ロケーション)は複数箇所でおこなう

1つの場所だけで撮影を完結させるのではなく、できるだけ複数のロケーションで動画撮影をおこないましょう。1つの動画広告の中にターゲティング設定を変えたセットを複数作成することで、多くの視聴者を惹きつけることができる可能性が高くなります。

 

4.高音質な動画にする

低音質の動画広告は視聴者が途中で離脱する要因のひとつ。高音質にするためには、ラペル又はピンマイクはハンズフリーが便利でおすすめです。これによって動画の音がクリアになり高音質な動画になります。

 

5.三脚を使用する

三脚は、動画を撮影する際にとても重要な道具。動画を安定させ、ブレを軽減します。三脚を使用することで動画がよりくっきりと撮影でき、プロフェッショナルな動画に仕上がるでしょう。

 

6.三分割法を活用

三分割法は、写真や動画撮影でよく用いられる撮影のコツです。カメラのディズプレイを水平方向と垂直方向にそれぞれ三分割し、被写体を中心からずらして縦線と横線の交わる場所に配置します。安定した構図にしたい場合、三分割法を取り入れると違和感なく、クオリティの高さを感じさせる動画になります。

 

7.動画の流れを視聴者の感情に訴える内容にする

声のトーンや、構成、テンポ、ストーリー展開。視聴者の感情に影響を与えるこれらの項目は、動画作成において非常に重要なポイントです。説得力があり、なおかつ視聴者の心を刺激し、感情に触れるようなストーリーにする必要があります。

どんなストーリーにするか、テキストや使う動画はどんなものにするかなど、下準備が大切。一つのドラマを作るような気持ちで挑むと良いでしょう。

 

 

現代人にとってスマホやタブレット、パソコンは欠かせないものとなっています。スマホ一つあれば、他の人と情報をシェアし、興味のある動画などを一緒に視聴することができるのです。

視聴者が「この動画広告のことを他の人に教えたい」と思うような、面白く見る価値のある魅力的な動画広告を作成しましょう。