デジタルマーケティング初心者必見!動画広告の基礎を学べるガイド

December 20, 2019

これからデジタルマーケティングを始める方は、まず基礎から学びたいと思うはずです。そして、このブログはあなたに最適な、有効なマーケティングの情報を分かりやすく公開します。苦手意識を持つ前に、ダマされたつもりで覗いてみてください。


メールマーケティングやブログなどのテキストコンテンツは徐々に伸び率が下がっており、代わりに動画マーケティングが企業の新しいトレンドとなっています。企業やブランドは動画広告を巡って競い合い、動画撮影も難度が高まっているのです。

このガイドでは、その動画マーケティングを始める、いくつかのポイントを紹介します。


image

出典:Foxy burrow on Shutterstock


1.目的を知る

一般に公開するものはすべて、会社のマーケティングの目的に沿ったものでなければなりません。

企業は、商業動画広告を始める前に目標を定める必要があります。ブランドは、「ターゲットオーディエンスが誰なのか」と「広告配信の目的」を知っている必要があります。これらは、動画に使用するアプローチのベースラインを決めるのに役立ちます。


2.動画形式を戦略化する

デジタルマーケティングの場合、短編動画に優先順位を付けると、YoutubeやInstagramなどのSNSユーザーをターゲットにする可能性が高くなります。一方で長い動画形式は、ターゲットオーディエンスが動画ブログ、教育動画、レビュー、ハウツーを目的に視聴する場合に最適です。

動画形式とは別に、コンテンツも優先する必要があります。たとえば、ベストセラー作家の最新作品に関するインタビューは、本を宣伝するのに最適な方法です。スポーツ好きのターゲットに向けて宣伝したい場合、そのスポーツブランドを使用したトレーナーとのフィットネスシーンを見せ場にすることも効果的です。一度の撮影にかけるのではなく、実験することを恐れないでください。


3.行動を促すフレーズ(CTA)を挿入する

動画を見たあとのアクションは、こちらからユーザーに示す必要があります。

それには行動を促すフレーズ、CTAを組み込みましょう。CTAはユーザーが会員登録したり、割引クーポンを使用したり、最新のマーケティングセミナーに参加したりと次のアクションを起こしやすくなります。一般ユーザーを実際の有料顧客にするために、動画広告の能力を最大化します。


4.広告を配信するSNSプラットフォームを決める

image

出典:Vizillaon Shutterstock

最初の動画広告が完成したら、目的と戦略に戻ってください。次は最適な顧客に最適な配信プラットフォームを決定します。

動画をアップロードするWebサイトを作成する必要がなければ、Facebook、Instagram、Twitter、PinterestなどのSNSに投稿するのがおすすめです。ただし注意点もあります。

FacebookでもYoutubeでも同じ効果があると思わないことです。SNSには性格があり、それぞれに顧客層も異なります。まずは自社の動画広告がどの市場でシェアされるべきかを検討しましょう。


5.分野の専門家になる

ネットユーザーは、ネット上の情報に偽りがあることを知っています。Web上にエラーがあるとすぐに信用がなくなります。事実を正しく理解し、自分の専門分野にしてください。知識を蓄えると制作物にも自信が持て、説得力が出ます。

トレンドが猫の動画だった場合で例えてみましょう。

もしあなたの業界が犬に関わっている場合、あなたが猫の動画をSNSで投稿する、ということではありません。専門ではないトレンドに乗っかる必要はないのです。

もう一つの例で考えてみましょう。

フィットネス製品のユーザーレビューの中に、そのブランドと親和性がないインフルエンサーがいる場合、それは信頼される情報になるでしょうか。

トレンドに振り回されず、専門分野を突き詰めてください。ユーザーが、動画の専門性に確かさを感じられた場合、顧客になる可能性が上がるでしょう。


動画広告は、世界中の企業や広告主にとって次世代の主要マーケティングとなりつつあります。動画マーケティング戦略を作成・実行することは、最初は大きな壁に感じるかもしれません。

しかし、効果的な動画広告は戦略と段取り、ノウハウがあれば、大企業と遜色ないクオリティに仕上がるでしょう。

最後に、すべての動画広告は、ポジティブなブランドの個性を示すことをお忘れなく。