今トレンドのバイラル・マーケティングとは?バズる動画広告を作成するヒント

December 25, 2019

現代では、動画がマーケティング担当者にとって不可欠なチャネルであることは明らかです。

では、視聴者を引き付ける動画とは何なのでしょうか。

急速に拡散する「バズる」広告の作り方をベースに、バイラル・マーケティングに役立つヒントをご紹介します。


image

出典:El Nariz on Shutterstock

短編映画のような世界観

私たちが住んでいる世界では、SNSプラットフォームで宣伝される動画広告が、短編映画に似ていると思ったことはありませんか?

ストーリー性を持たせることを「ストーリーテリング」といい、動画で視聴者の興味を引き付けます。ストーリーテリングは、視聴者が動画に込められたメッセージに感情を動かし、繰り返し観てもらうことを助けます。

ストーリーが動画でうまく伝わると、視聴者はあなたが提供する製品・サービスについて理解を深めやすくなります。


また、広告の感情的なアピールは、エンゲージメントを成功に導くことを証明しています。

あなたの動画は、幸せや悲しみ、インスピレーション、その他様々な感情が動機付けられていますか?顧客は、広告によって強く感情を動かされると、製品を購入したり福祉のために寄付したり、実際に行動に移す可能性が上がります。

最初から最後まで視聴される動画広告とは、消費者の感情を揺さぶるパワーを持っているのです。


最初の数秒で心を掴む

ユーザーが動画に注目できる時間は、ほんの数秒しかありません。平均アテンションスパンはわずか8秒ほどであると証明されています。

バズる動画を作成する場合、SNSユーザーが自分のフィード(タイムライン)をスクロールする間にストーリーを提供する必要があります。オープニングは動画を明確にし、その内容を伝え、さらに視聴者に見る価値があると確信してもらう内容にしましょう。


ユニークなアプローチを試す

多くの企業は型からはみ出すことをためらいますが、バズる動画は少々『型破り』でも問題ありません。

ほとんどの動画は、ユーザー自身の動画とリミックスされるタイミングでシェア(拡散)されます。ユーモアや笑いのある動画は広告であることを忘れさせ、視聴者に「楽しめるコンテンツ」として親しみをアピールできます。

image

出典:aurielaki on Shutterstock

動画が口コミで広まる理由はたったひとつ。

ユーザーがそれを見て楽しみ、シェアするためです。

SNSは直感的な操作で、シェアしたりリツイートしたりできます。動画は常に高評価レビューを受け取るとは限りませんが、それもひとつの反応です。

バイラル・マーケティングで重要なポイントは、動画(もしくはそのブランド)について人々に話をしてもらうこと。評価の良し悪しを問わず、話題に上るほどブランドが目立ちます。


短期間・低コストで何万ものトラフィックとPV数を獲得できるバイラル・マーケティングは注目が高まっています。しかし、バズるマニュアルや手順があるわけではありません。まずは拡散されることに注力するより、ひとつひとつの動画広告の完成度を上げることが、エンゲージメントに直結することは確かです。

本当の成果は、顧客にあなたのサービスやブランドが信頼できると判断されたときに表れます。