インフルエンサーマーケティングの効果とメリットを分かりやすく解説

January 09, 2020

インフルエンサーを起用した動画マーケティングは、今後注目度が高まる施策です。日々映像技術が進歩していることに加え、インフルエンサーによる広告の効果が、しっかりと反映されていることが明らかになっています。

ここでは、ブランド認知に役立つインフルエンサーマーケティングのメリットをお伝えします。


image

出典: Daxiao Productions on Shutterstock

Youtube、InstagramやTik-TokなどのSNSが発達したことにより、多くのフォロワーを持つインフルエンサーの数は、爆発的に増加し続けています。

インフルエンサーに商品やサービスを宣伝(PR)してもらう『インフルエンサーマーケティング』は、過去5年間で急上昇。影響力が大きいため、SNSやWeb上で効率的にブランドを認知してもらうことができるのです。

具体的には、下記のような効果が得られます。

インフルエンサーは宣伝の“イヤラシさ”がない

企業が「販売に繋げる」目的で作った動画広告は、どうしてもセールス要素が強くなります。

その点、インフルエンサーは膨大なフォロワーを抱えていますが、一般人です。等身大の声が、視聴者の興味を引き付けるというメリットがあります。サービスや商品を宣伝する際にも、普段の投稿となんら変わりない、個人の言葉でユーザーにアピールすることが可能です。


「#ハッシュタグ」で見つけてもらえる

インフルエンサーは、SNSコンテンツのエンゲージメントを上げるキーパーソンです。その人の拡散力はフォロワー数だけによるものではありません。

投稿には必ずと言って良いほど「#ハッシュタグ」が付けられており、適切なハッシュタグであれば、より多くの顧客にリーチできる可能性が上がります。

トレンドネタや流行語など、バリエーションに富んだブランドのハッシュタグを作りましょう。


SEO対策が強化される

インフルエンサーが企業のサービスを宣伝する場合、該当するランディングページやDLページ、公式サイトなどへのバックリンクが必ずあります。

質の高いバックリンク(インフルエンサーの優良性)は検索エンジンに良いコンテンツと認識され、ランキングの向上につながります。さらに投稿を見たユーザーもWebサイトへ訪問するため、パフォーマンス改善に役立つのです。


企業の代わりにコミュニケーションを取ってくれる存在

image

出典: DisobeyArt on Shutterstock

インフルエンサーはFacebook、Instagram、Twitterなどで、フォロワーと直接関わりを持つことができます。インフルエンサーに宣伝を依頼することで、彼らは企業の代弁者にもなりえます。顧客とコミュニケーションを取るには最適なチャネルではないでしょうか。


まるで「鶴の一声」のような口コミ効果

消費者が商品に興味を持った場合、多くが口コミや星の数を確認しているはずです。

そこでインフルエンサーが太鼓判を押していることが分かったら、より購買意欲が高まります。

インフルエンサーの口コミは、いわば「信頼される広告塔」のようなものなのです。

また、UUUM株式会社は企業とYoutuberのタイアップ動画によるプロモーション効果を調査。結果として、商品の認知向上や購買行動への影響を裏付けました。


インフルエンサーにより企業の権威がアップ

インフルエンサーマーケティングは、業界内で企業のポジションアップをサポートします。なぜなら、インフルエンサーには何万人ものフォロワーを獲得してきた実績とノウハウがあるため、企業にとって強力なパイプになるのです。

そのためには、まず自社のサービス範囲と合致するインフルエンサーを見つけましょう。これが、より多くのビジネスを成功させ、権威を得る理由です。


ここではインフルエンサーマーケティングのプロモーション効果とメリットを解説しました。しかし、インフルエンサーに費用をかける前に、まずは商品やサービスが「本当に良いもの」であることが大切です。

インフルエンサーの守備範囲とブランドコンセプトがマッチした時にこそ、もっとも高い効果が発揮されるでしょう。