世界忍者デー|12月5日

January 10, 2020

image

世界忍者デーとは何か?

毎年12月5日の世界忍者デーは、日本に居たとされる忍者への尊敬の意を表明するための国際デーです。この世界忍者デーは、アメリカで「ラストサムライ」が初めて公開された日でもあります。早速忍者の歴史をのぞいてみましょう。


海外で人気の忍者、イメージと現実の違い

忍者といえば忍法を使って戦ったり、「ドロン」と姿を消したりするイメージを持っている人は少なくありません。

しかし実際の忍者はスパイや暗殺、ゲリラ戦、破壊工作を担っていた“暗殺集団”とされており、いわゆる魔術師のような存在ではありませんでした。

また、暗殺だけではなく、通常の戦では足軽として参加していたと考えられています。


忍者の特徴は、黒装束と様々な武器。

行動するのは真夜中で、ターゲットを暗殺して痕跡を残さず素早く消えます。

また忍者は、東洋の魔法ともいわれる「九字切り」を身につけており、海外では超人的な存在として人気を獲得しています。


意外と知られていない忍者の歴史

忍者は戦国時代に大名や領主に仕えていた、いわば傭兵のような存在です。

忍者の集団は伊賀(三重県伊賀市)や甲賀(滋賀県甲賀市)を本拠地として活動していました。忍者は農民出身者が多く、黒装束や武器は農具がルーツだと考えられています。

また女性の忍者は「くノ一」と呼ばれ、女中などに扮してスパイ活動をおこないます。しかし、男性の忍者と同じような活躍は、創作によるイメージであることが判明しています。


世界忍者デーのSNS動画広告をつくろう。

SNS動画編集アプリHeyvideoを使って、今すぐ簡単に世界忍者デーのSNS動画広告を作りましょう。Heyvideoは、さまざまな業界に適した1,000以上の動画広告テンプレートと、10,000以上の高品質なロイヤリティフリー動画素材が利用可能。Heyvideoを使って、毎日のSNS動画投稿、季節ごとのキャンペーン情報配信など、結果につながるプロクオリティな動画を今すぐ作成・編集することができます。