ナショナルバーテンダーデー|12月8日

January 15, 2020

image


はじめに

世界には多彩な記念日があります。それは「国際デー」のように世界共通の日や、その国ならではの記念日など、多種多様な文化形成にも関わっています。当ブログでは、そんな世界の「今日は何の日」をカレンダー形式にてご紹介。

今回は12月8日の「ナショナルバーテンダーデー」について解説します。


ナショナルバーテンダーデーとは何か?

バーテンダーは、アメリカだけで50万人以上いるといわれています。古代から文化まで、その歴史は長く、酒場においては欠かせない存在です。

12月8日に祝われるナショナルバーテンダーデーは、お気に入りのお酒でお祝いするのに最適な日です。


祝い方

12月8日にはバーを訪れて美味しいカクテルとバーテンダーとの会話を楽しみましょう。また、カクテル作りに興味がある方は「全国バーテンダー技能競技大会」に参加したり、バーテンダースクールに通ったりするのも一案です。


バーテンダーの歴史

1400年代、ヨーロッパ全土にて宿屋の主人がバーテンダーとして働いており、宿の客にスピリッツを提供していました。

1862年、「アメリカバーテンダーの父」といわれるジェリー・トーマス氏は、「The Bartender's Guide」という世界初のカクテル本を出版。カクテルが辿ってきた軌跡やカクテルの問題点などが書かれ、当時画期的なガイドとして役立ちました。

禁酒法真っ只中の1920年代では、バーテンダーたちは生き生きと(そして隠れて)活動していたと考えられています。

彼らの活躍の場であったスピークイージー(アルコールの密造・提供を行っていた酒場)では、ジンやトニックのような今日のカクテルを代表する飲み物が誕生。

現代まで受け継がれるカクテルレシピは、長きにわたり大人たちを楽しませています。


ナショナルバーテンダーデーのSNS動画広告をつくろう。

SNS動画編集アプリHeyvideoを使って、今すぐ簡単にナショナルバーテンダーデーのSNS動画広告を作りましょう。Heyvideoは、さまざまな業界に適した1,000以上の動画広告テンプレートと、10,000以上の高品質なロイヤリティフリー動画素材が利用可能。Heyvideoを使って、毎日のSNS動画投稿、季節ごとのキャンペーン情報配信など、結果につながるプロクオリティな動画を今すぐ作成・編集することができます。