クッキーの日|12月4日

January 10, 2020

image

クッキーの日とは何か?

お菓子の代名詞とも言える「クッキー」には、多くの種類が存在します。チョコレートチップクッキー、ジンジャーブレッドクッキー、フォーチュンクッキー、バタークッキー、ヴィーガンクッキーなどです。

これらさまざまなクッキーを記念し、12月4日がクッキーの日として制定されました。


クッキーの起源

英語の「cookie」はオランダ語の「koekie」に由来しています。「koekie」とは、「小さなケーキ」を意味する言葉です。

クッキーの誕生前にウエハースが存在していましたが、甘さが少ないのが特徴でした。

クッキーの歴史はペルシャから始まります。7世紀に砂糖の使用が一般化したことで食べられるようになりました。

その後、スペインのイスラム教徒の征服を通じ、クッキーはヨーロッパへと引き継がれます。14世紀になると、ヨーロッパの王室料理から露店にまで、あらゆるクッキーが一般的に流通するようになったのです。

クッキーは17世紀までの間にアメリカにも浸透していきます。特にマカロンとジンジャーブレッドクッキーは、人気のクッキーとなりました。

似ている言葉に「ビスケット」がありますが、日本のようにクッキーとビスケットを区別している国は少数派。北アメリカ以外のほとんどの国では、クッキーは「ビスケット」と呼ばれるのが一般的です。


セサミストリートがきっかけで「クッキーの日」が生まれた?

実は世界で初めてクッキーの日を作ったのは、アメリカの子供向け番組『セサミストリート』です。

セサミストリートは、1976年11月26日にアニメの中に出てくるカレンダーにクッキーの日を設定しました。

1980年発売の書籍「セサミストリート英語大辞典」では、メインキャラクターであるクッキーモンスターがクッキーの日を宣言しています。

しかし、1987年にサンフランシスコのBlue Chip Cookie社のMatt Naderが、クッキーの日を12月4日に改定。現在ではこの日が定着しています。

セサミストリートのSNSアカウントでも、毎年12月4日にはクッキーの日に関する投稿がアップされています。


クッキーの日のSNS動画広告をつくろう。

SNS動画編集アプリHeyvideoを使って、今すぐ簡単にクッキーの日のSNS動画広告を作りましょう。Heyvideoは、さまざまな業界に適した1,000以上の動画広告テンプレートと、10,000以上の高品質なロイヤリティフリー動画素材が利用可能。Heyvideoを使って、毎日のSNS動画投稿、季節ごとのキャンペーン情報配信など、結果につながるプロクオリティな動画を今すぐ作成・編集することができます。